WATCH COMPANY~時計修理技術者コラム~

時計修理専門店WATCH COMPANYの公式ブログです。

時計修理技術者コラムVol.42 ネジの修正~ロレックス ブレスレットネジ編~

f:id:watchfan1999:20180308160859j:plain

時計のネジに起こるトラブル

時計を構成する上で非常に多くの場所に使われている部品がネジです。時計のケースとムーブメントを固定したり、裏蓋を固定するためにネジを採用しているモデルもあります。近年各メーカーが自社開発に力を入れる中でネジの形状や大きさもかなり多様化してきました。 使用する工具を間違えたり、サイズの合わない工具を使用するとネジの頭が潰れてしまうなど、トラブルの原因となります。 今回は多くのメーカーが外装に使用しているマイナスネジのトラブル・修正に関してロレックスのブレスレットネジを例にご説明いたします。

1.ネジ山潰れ

f:id:watchfan1999:20180308160910j:plain

f:id:watchfan1999:20180308160925j:plain

ネジの頭がねじ穴に収まりきらず、飛び出ている状態です。はみ出しているため、これ以上はねじ込むことができません。

 

f:id:watchfan1999:20180308160941j:plain

ネジを抜いて頭部分を見ると、バリ(製品の端からはみ出した余分な部分)が発生しています。これはサイズの合わないドライバーを使ったり、接着剤(ネジロック剤)で固着してしまったネジをペンチ(プライヤー)などで強引に外そうとして付いたものです。ネジが完全に閉まりきらないため、使用中に脱落してしまったり、金属のバリでケガをしたり、衣服に傷がついてしまう原因となります。

 

2.ネジ山の修正

f:id:watchfan1999:20180308161009j:plain

ネジを奥まで締めることができるように修正を行います。初めに目の細かい砥石でネジ頭の形状を整えます。

 

f:id:watchfan1999:20180308161023j:plain

引っかかっていたバリが無くなったことで、最後までネジを閉められるようになりました。

 

f:id:watchfan1999:20180308161041j:plain

仕上げにネジの頭を磨いて完了となります。

 

時計のネジに起こるトラブル

ブレスレットの調整など、お客様ご自身でされる場合も、サイズの合ったドライバー(ネジ幅=ドライバー幅)をご使用いただくことをお勧めしております。ネジロック剤でしっかりと固定されている場合は、洗浄、熱処理などの作業が必要になることもございますので、ネジを壊してしまう前に、専門店にご相談ください!

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら 

時計修理技術者コラムVol.41 革ベルトの交換

f:id:watchfan1999:20180223172906j:plain

革ベルト交換のススメ

今回は当店でご用意させていただいている革ベルトのご案内をさせていただきます。ご使用になられている方ならお気づきかと思いますが、時計の革ベルトの痛みは、非常に早いです。少し汗ばんだだけでも時計を腕から外すと、しっとりと湿っていたり、ひと夏越え、過ごしやすい季節になるころには夏の汗水を十分に吸収した革ベルトは、尾錠(バックル)の穴の部分からひび割れを起こす場合もあります。

f:id:watchfan1999:20180223172952j:plain

f:id:watchfan1999:20180223173002j:plain

 

定期メンテナンス(オーバーホール)でムーブメントはしっかり洗浄され、外装の傷は新品仕上げで綺麗にしたら、革ベルトも交換されてはいかがでしょうか?
私ども時計修理専門店WATCH COMPANYでは、お使いの時計にあう革ベルトをご提案させていただきます。

f:id:watchfan1999:20180223173018j:plain

f:id:watchfan1999:20180223173037j:plain

※尾錠はブライトリングのオリジナルのものも使用できます。
ブライトリング ナビタイマー A23322
革ベルト CASSIS TYPE BRE UBBRE002 黒カーフ
※ブライトリング純正のベルトではありません。

 

革ベルトは消耗品のため、ブランドの純正革ベルトではなくても、時計にあった革ベルトであれば社外品、というご要望をよく伺います。当店ではモレラート社の革ベルトを中心に取り扱いがあり、ブランドによっては、モデル専用ベルトの幅や厚みを似せて作成された既製品のベルトをメーカー正規品よりも安価でご用意することができます。
※ブランド純正品のベルトは取り寄せできないものもございます。
※特殊形状のベルトは、オーダーで作成することもできます。詳しくはお問い合わせください。

f:id:watchfan1999:20180223173056j:plain

ブライトリング ナビタイマー A23322
ナイロンストラップ CASSIS TYPE NATO RING B1008S02 グリーン
※ブライトリング純正のベルトではありません。
選ぶベルトを変えれば少し違う雰囲気になります。

革ベルトはそれぞれお取り寄せとなります。修理ご依頼の際にご相談ください。

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら 

POWER Watch 2018年3月号(No.98)に当店が紹介されます!

f:id:watchfan1999:20180207170332j:plain

1月30日に発売された、POWER Watch2018年3月号(No.98)の【全国時計修理優良店ガイド】の特集に当店が紹介されました!
特集の【腕時計トラブルA to Z】では当店が取材協力、写真提供をさせていただきました!誌面にも掲載されている当店自慢の新品仕上げ(傷取り研磨)の実例は当店のホームページにも多数掲載していますので是非ご覧ください!

www.watchcompany.jp

2017年-2018年 年末年始 営業のお知らせ

日頃、時計修理専門店WATCH COMPANYをご利用いただきまして誠にありがとうございます。年末年始の営業につきまして、下記の通りご案内申し上げます。

12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日) 休業
1月4日(木曜日) 10:00~15:00 ※時間短縮営業
1月5日(金曜日)~ 通常営業

2017年はご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。2018年も時計修理専門店WATCH COMPANYをどうぞよろしくお願い申し上げます。

f:id:watchfan1999:20171226162627j:plain

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら 

時計修理技術者コラムVol.40 クロノグラフの動作~Cal.7750、Cal.861編~

f:id:watchfan1999:20171206120127j:plain

 

クロノグラフモデルの構成

クロノグラフ機能を搭載したモデルは、基礎となる部分と、クロノグラフ部分の2種類の機構から構成されています。今回は、スイス時計のクロノグラフモデルに多く使用されているCal.7750と、オメガ/スピードマスター手巻きモデルなどに使用されているCal.861を例に取り紹介いたします。

1.Cal.7750

f:id:watchfan1999:20170530175033j:plain

f:id:watchfan1999:20171206120259j:plain

(写真前)Cal.7750全体/(写真後)オスシレーティングピニオン(クロノ上下接続カナ)です。
上ホゾ(カナが小さい方)がクラッチレバーのホゾ穴に入り、下ホゾ(カナの大きい方)は4番車に隣接する穴石に入ります。
下ホゾ側の大きなカナは4番車へ噛み、上ホゾの小さなカナはクロノセンター車へ噛み合うことでセンター車を動作させます。
クラッチレバーはクロノグラフのON/OFFによってセンター車へオスシレーティングピニオンを接続させたり離したりします。

f:id:watchfan1999:20171206120330j:plain

f:id:watchfan1999:20171206120347j:plain

 

f:id:watchfan1999:20171206120404j:plain

f:id:watchfan1999:20171206120417j:plain

 

2.Cal.861

f:id:watchfan1999:20171206123716j:plain

Cal.861はCal.7750とは異なり、4番車から受けより上に伸びているホゾにつく出車になります。
この出車は4番車と同じホゾで稼働しており、隣接するクラッチホイールと常に噛み合っています。Cal.861ではクラッチホイールがクロノグラフのON/OFFによってセンター車へ噛み合ったり、離れたりします。

f:id:watchfan1999:20171206120505j:plain

f:id:watchfan1999:20171206120515j:plain

シスレーティングピニオンの場合、上下のホゾが摩耗し、動作が悪くなると、ベースムーブメントの動作が正常でも、クロノグラフを組み込む(作動させる)と動作不良を起こす、という症状が起こります。動作に不具合を感じたら無料の見積もりサービスをご利用ください!

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら 

POWER Watch 2018年1月号(No.97)に当店が紹介されます!

f:id:watchfan1999:20171129115057j:plain

11月30日に発売されるPOWER Watch2018年1月号(No.97)の【全国時計修理優良店ガイド】の特集に当店が紹介されています!

2017年にを締めくくる今回は、2017年の売れ筋を振り返る特集になっています。今年の流行が丸わかりの内容となっています。ぜひご覧ください!

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら 

時計修理技術者コラムVol.39 時計用電池

f:id:watchfan1999:20171116142336j:plain

クォーツ時計の電池~酸化銀電池とは~

電池の種類は様々ありますが、クォーツの時計に使用されている電池はボタン電池と呼ばれる小型の酸化銀電池を主に使用しています。
酸化銀電池はマイナス極に亜鉛、プラス極に酸化銀を使用している電池です。電圧が非常に安定していて、使い終える直前まで、新品の状態と同等の電圧を維持できる特長があります。そのため、クォーツ時計などのデリケートな電子機器に多く採用されています。

f:id:watchfan1999:20171116142401j:plain

大きさや薄さも様々あり、時計のサイズや機能によって、各々のキャリバーに合わせた電池を使用します。
電池の持続期間は、時計の機能や、(機能の)使用頻度にもよりますが、1年半~2年程度になります。

 

ボタン電池も乾電池などと同様、使い終えた後も長期間そのままにしておくと、液漏れします。
電池は使用されると化学反応が起こりガスが発生します。その際に電池が破裂しないように安全にガスを排出する仕組みになっていますが、電池内部でガス化した電解液や液状のままの電解液が一緒に放出されることで液漏れが起こります。
止まってしまった時計は早めに電池交換をするか、長期間使用しない場合は電池を抜いて保管しておくことをお勧めいたします。

f:id:watchfan1999:20171116142419j:plain

液漏れした電池です。

 

f:id:watchfan1999:20171116142453j:plain

電池液漏れの影響で腐食が広がったムーブメントです。

 

電池交換はお早めに

電池の液漏れが発生して、ムーブメントにも腐食が広がってしまうと、オーバーホールだけでは対処ができず、ムーブメント(機械一式)の交換が必要になり、修理費用も大きくなってしまいます。電池交換の合図(4秒運針など)が出たら、早めに電池を交換しましょう。
電池式の時計の中でも充電機能が付いた時計には、二次電池(充電用の電池)が搭載されているため、基本的に電池交換の必要はありません。

 

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら