WATCH COMPANY~時計修理技術者コラム~

時計修理専門店WATCH COMPANYの公式ブログです。

時計修理技術者コラムVol.31 歯車の不良と摩耗

f:id:watchfan1999:20170718164402j:plain

摩耗

定期メンテナンスや故障の際に、歯車を交換する理由として最も多いものは、歯車のほぞ(歯車の中心軸、幹の部分)の摩耗によるものです。 状態によって摩耗の程度の差はありますが、油切れ状態で長期間使用が続くと、歯車のほぞと、ほぞが入る穴(ほぞ穴)の接触部分の摩擦が大きくなり、歯車のほぞが削れてしまいます。 また、部品が削れた際に発生する金属粉がムーブメント全体に広がり、多くの部品に損傷を与えることがあります。

f:id:watchfan1999:20170718164436j:plain

f:id:watchfan1999:20170718164450j:plain

Cal.ETA2892/3番車
歯車のほぞが少し摩耗している状態です。この程度の摩耗であれば時計は動作するため、通常使用では気づくことはできません。ほぞを磨いて修正することで部品の再利用が可能です。

 

f:id:watchfan1999:20170718164512j:plain

f:id:watchfan1999:20170718164524j:plain

Cal.ETA2892/3番車
ほぞが大きく摩耗している状態です。この段階になると、歯車の回転にがたつきが起こり、時計の精度不良や、頻繁に止まる原因となります。部品の交換が必要な状態です。

 

変形、破損

落下や着用中にぶつけてしまうなど、外部からの衝撃により、歯車のほぞが折れる、曲がるなどの不具合が起こることがあります。 ほぞが折れた場合、時計は不動になるため、すぐに不具合に気が付くことができます。 しかし、ほぞの曲りが起こった場合は、時計はそのまま動作することもあります。また、部品の交換を必要とせず、修正によって改善するできる場合もあります。 ただし、針が取り付けられる4番車や、クロノグラフ車などは、歯車が固定される部分から、針が取り付けられる先端までのほぞが長いため、衝撃などにより曲がりやすく、曲がってしまうと、針が傾いてしまうことがあります。 針が傾いた状態で回転をすると、文字盤に針が擦れて、文字盤を傷つけてしまう恐れがあります。f:id:watchfan1999:20170718164553j:plain

Cal.ETA7750/クロノグラフ

 

f:id:watchfan1999:20170718164714j:plain

f:id:watchfan1999:20170718164727j:plain

Cal.ETA7750/クロノグラフ
クロノグラフ車のほぞが折れています。歯車をほぞ(軸)で支えて固定することができないため、不動になります。

 

f:id:watchfan1999:20170718164754j:plain

Cal.ETA7750/クロノグラフ
ほぞの先端が曲がっています。この状態で先端に針を取り付けると、他の針や文字盤に擦れてしまい、傷がつく原因になります。

  

歯車のかけ

f:id:watchfan1999:20170718164812j:plain

f:id:watchfan1999:20170718164836j:plain

 Cal.ETA6497/香箱
特殊なケースとして、ゼンマイ切れの際に、切れたゼンマイの力が一気に解放され、ゼンマイを収める部品(香箱)の歯が曲がる、かけるなどの不具合が起こることがあります。 また、ゼンマイの動力を伝達する輪列(2番車、3番車)にまで衝撃が伝わると、歯車が破損してしまうこともあります。

 

メンテナンスは部品の摩耗が進んでしまう前に!

歯車一つをとっても、様々な不具合が起こります。 定期的なメンテナンスをしていただくと、常にムーブメントの状態が良好になり、お時計を永くご愛用いただくことができます!

 

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら