WATCH COMPANY~時計修理技術者コラム~

時計修理専門店WATCH COMPANYの公式ブログです。

時計修理技術者コラムVol.43 ロレックスのカレンダーの不具合~デイデイト/Cal.3155編~

f:id:watchfan1999:20180615122608j:plain

ロレックスの最上級モデル

ロレックスの最上級モデルといえばプラチナとゴールド素材のみでモデル展開しているデイデイトです。今回はロレックス/デイデイトによく起こる不具合を紹介していきます。

 

f:id:watchfan1999:20180615123722j:plain

ロレックス/デイデイト/118206/搭載ムーブメントCal3155:ロレックスの最上級モデルで、プラチナとゴールド素材のみ展開していて、ステンレスモデルは存在していない。ロレックスの象徴でもある日付表記の他に、12時位置には曜日表記が備わっている。曜日の表記は26か国語の言語から選択が可能。
2008年には、ケースサイズが一回り大きくなったデイデイトⅡも発表された。

 

Cal.3155に起こる不具合

Cal.3155は日付と曜日両方に早送り機能がついています。よく起こる不具合は、早送り(リューズ引き出し1段目)は機能するが、針回し(もしくは自然運針)では日付が変わらない症状です。

f:id:watchfan1999:20180615123939j:plain

f:id:watchfan1999:20180615123959j:plain

カレンダー送り不良の原因は、カレンダー中間車と呼ばれる歯車のかしめが緩んだことによるものです。
カレンダー中間車は筒車(時針がついている歯車)と、カレンダー送り車(カレンダーを送る車)の間にある歯車です。

f:id:watchfan1999:20180615124307j:plain

f:id:watchfan1999:20180615124058j:plain

かしめが緩んだ(写真の金色部分と銀色部分が分離した)ことによって、カレンダー中間車が空回りしてしまい、筒車からカレンダー送り車に動力が伝わらなくなります。
その結果、針回しによる日付変更が起こらなくなります。
Cal.3155は、日付と曜日を同時に切り替えるため、カレンダー車のバネが強めに作られています。カレンダー中間車がそのバネの負荷に耐えられなくなった際に、かしめが外れてしまいます。
かしめが緩んだカレンダー中間車は交換しなければならず、メンテナンス費用も高額になりがちです。
カレンダー送りに違和感を感じたら早めにメンテナンスを受けていただく事をお勧めいたします。

 

無料お見積もりはこちら
過去の修理実績、料金表はこちら